中学1年

中学1年生。

小学校を卒業して、中学に入学した

ウキウキしていたそんな頃

姉が、母親に

今まで貰ったお年玉を貯めてるって、

ずーっと言ってたよね?

少し、使いたいから通帳と判子をください

って言いました。

昔は、なんて便利な所は無かったし

カードも無かったんです。

それを聞いた母は、

何に使うの?

姉は、

それは、言えないけど

とにかく、預けたお年玉を使いたいから

そこから母は、

姉の胸ぐらを掴み、

何に使うか言えーーーー

って

姉を頭から叩き顔を殴り、風呂場の浴槽の水へ頭を突っ込み

息が出来るか出来ないか

そこまでして、お金を何に使うのかを問いました。

姉は、問われても何に使うのか一切言わず。

私は、それをただただ

見ている事しかできませんでした。

どれだけ時間が経った後なのか

落ち着いた頃、もう一度母が姉に聞いた時に

もうすぐ母の日だから。カバンを買ってあげたかった。でも、自分の持ってるお金では買えないから。お年玉で買おうと思ったの

それを聞いた母は、

始めっから言ってくれれば、ここまで怒らなかったのに〜

微笑み

姉が、お母さんをビックリさせて喜んで欲しいっっておもった気持ち。

母が、貯めると言って使ってしまったお年玉

突然、返してくれと言われた母の焦り。

母に、その時を聞くと

あれはねぇ、虐待と言われても仕方ないことをしてたよね〜でも、虐待とか今に出来た言葉だしね〜

はぁ

間違いなく、数十年経った今でも、覚えているくらい深い傷を受けたけど???

私は、子供のお年玉は絶対に触れずに

通帳も作ってます。

もちろん、姉もです。

この頃は、経済的にもたしかに辛い時期だったと思います。

どんなに大変だったか、理解をしてあげたいけど

私には、姉が風呂場で水の中へ頭を突っ込まされ

泣いている姉の姿しか思い出せない。

親が、過去をどんなに反省していても

子供の記憶は消せないです。。。

そんな子供は、自分の子供にそんな事は絶対にしないし、してはいけない。

そう、思うだけです

最後まで読んで頂きありがとうございます。

広告を非表示にする