その他関西満喫散歩2017夏その7〜宵山の朝は万華鏡入口〜

関西満喫散歩2017夏、続きです。

阪急梅田から阪急電車に乗り、烏丸で降りる

駅改札近くには祇園祭のパンフレットと地図が。

前祭は23基で後祭は10基と後祭の方が圧倒的に山や鉾は少ないし、山鉾のエース長刀鉾や、カラクリかまきりで人気の蟷螂山は前祭で、そうすでに京都の街を巡行し、とっくに解体されたわけだが!後祭には140年の時を経て復活した大船鉾があり、大船鉾町会所は烏丸駅からも近いので、最初に大船鉾へ行くことに。

時は午前9時半過ぎ。

行く前、宵山は午前中から歩くのが特といった記事はみつけたけど、どこで何時から何が始まるとかそういった情報はほとんど得られないまま、烏丸駅を降りたった。

どこで何時から何例えば何時から粽などグッズが販売されるとか、山や鉾の拝観などは何時からとか。

まーー、不思議なことにそういったことはオフィシャル的なHPにはまず載っていない。

そんなもんないうーーんと昔からのものだからか、あえてローカルな感じにしているのか?!

つまりまぁよくわからないが(;)、ザックリ山や鉾は各町会所前にあるって程度の知識で(;)、とりあえず大船鉾へ。

烏丸駅から地上に出た四条通歩道はまさに宵山を楽しみに来たという人チラホラいてちょっといつもの四条通と違う雰囲気。

で、四条通から新町通を下ったところにありましたわー、大船鉾。

こうやって町で鉾を見るも初めてだし、140年ぶりに復活した大船鉾見るのも初。

はい!カンドーぉぉぉ!!!

保存会の人たちが拝観や授与する(つまり売るってことですわ;)粽など準備していて、浴衣のお姉さんとかもいて、夏の祭り情緒たっぷり!

でもそう、まだ準備の途中。

もー、少しって感じで、拝観受付にすでに並んでいる人もいましたが、はい、山鉾はここだけではありません。

長い休息から復活した大船鉾はご利益めっちゃありそうだから、粽を買いたいと思ってましたので、まぁ、大船鉾はのちにまた来ることにして、他へ。

大船鉾から北側を見ると南観音山が見えてました。

新町通を上り、四条通を突っ切って、南観音山前に。

こちらは山鉾巡行が先祭後祭わかれる前のしんがりで、最後に都大路をゆっくりゆく目映い姿を覚えています。

観音山は北観音山と南観音山とあり、南観音山は女性と言われているが、どうやら華美おしとやかな女性ではない?!

宵山の夜中、つまりこの日の夜、南観音山だけ独自の行事があって、それはあばれ観音といい、布で包まれた観音様を神輿で担ぎ、勢いよく揺らしながら町内三周するそう。

それは南観音山の北観音山への恋心を鎮めるためとか、翌日の山鉾巡行でおとなしく座っていてもらうためとか言い伝えられているそうです。

で、こちらの南観音山も出来れば粽がほしいなぁと思っていました。

でも南観音山は粽授与などの準備をしている様子がない

ガーン(;)

そしたら近くで警備員さんに粽授与に関して聞いている方が!

なんとなぁーくそば耳立てましたが(;)、よくは聞こえなかったので、私も警備員さんに質問。

そしたら、お昼くらいからその辺りでとのこと。

警備員さんが指したその辺りまだ人っこひとりもいない(;)

しかもお昼くらいからって超ザックリ(;;)

まぁ、でもこれが宵山かと勝手に思い(違うって;)、まだ10時くらいでしたので、さらに他の山鉾を見てまわることにしました。

つづく