センチュリアン

コロンビア・ピクチャーズ

センチュリアン

THE NEW CENTURIONS

ジョージ・C・スコット

ステイシー・キーチ

ジェーン・アレキサンダー

スコット・ウィルソン

ロザリンド・キャッシュ

エリック・エストラーダ

クリフトン・ジェームズ

エド・ローター

原作 ジョセフ・ウォンバウ

撮影 ラルフ・ウールジー

音楽 クインシー・ジョーンズ

脚本 スターリング・シリファント

編集 ロバート・C・ジョーンズ

製作 アーウィン・ウィンクラー&ロバート・チャートフ

監督 リチャード・フライシャー

学費稼ぎに大学に在学しながら警察学校に入校し、卒業した妻子持ちの新人巡査ロイ・フェラー。同期にはガス(スコット・ウィルソン)、セルジオ(エリック・ストラーダ)がいた。

ロイの相棒には大ベテランで警察官全員から信望の厚いキルビンスキージョージ・C・スコット)が選ばれた。夜間勤務で、武器課からショットガンを受け取り、数十台のパトカーが分署からパトロールに出て行く。キルビンスキーは警察官は何たるか、どうあるべきかをロイに教え、ロイもそれに反応し、成長していく。

一方、夜間パトロールの勤務は危険で激務であった。ガスは商店強盗の通報を受け駆けつけるが、犯人と間違って黒人店主を射殺してしまう。黒人店主の息子に激しく攻め立てられ、後悔の念で泣き崩れるガス。相棒の巡査(エド・ローター)は警官にも間違いはあるとなぐさめるしかなかった。

ロイは警察官にのめり込み大学も辞め、家庭を顧みなかった。妻(ジェーン・アレキサンダー)とはすれ違いの生活で、冷え切っていった。

ロイが犯人に撃たれ重傷を負っても家庭をとらず警察官を辞めなかったためりこんすることになった。親権も取られた。が、何も言うことはなかった。

ついにキルビンスキーは退職し、フロリダの娘夫婦のところへ行って孫と仲良く暮らすという。しかし、すぐにキルビンスキーは戻ってきた。気丈にふるまっていたが居場所が無かったのだ。キルビンスキーは自殺した。

恩師の自殺でロイは心に傷を負い、アルコール中毒になる。勤務中にも酒を飲み、売春婦から金を巻き上げる悪徳警官になった。ある日、売春婦から金を巻き上げようと、売春婦をいつものように罵っていると車にひきづられ重傷を負う。

心身ともにボロボロの状態で、黒人看護婦に気軽に声をかけ接し、いつしか恋愛感情に変わる。白人と黒人の異色カップルで、警察官を辞めて結婚まで考えるようになる。

ある日、パトカーに同乗したロイ、ガス、セルジオ。ガスは警部補に出世し、セルジオには子供が生まれ、ロイは結婚を報告する。そんな時、殴られた老女がパトカーを呼び止めた。

元警察官のジョセフ・ウォンバウ原作で、後に事件より警察官の日常を主に描いた「ポリス・ストーリー」(75年〜80年、コロンビア・ピクチャーズTV)のきっかけとなる映画である。

監督は「トラ・トラ・トラ」のリチャード・フライシャー、脚本は「ダーティ・ハリー3」、「タワーリング・インフェルノ」、「キラー・エリート」のスターリング・シリファント。

広告を非表示にする